婚活サービスの利用が増加している再婚者・高齢者

婚活サービスを利用する女性

昨今、日本では1年に結婚するカップル数の約3分の1が離婚をしているといわれています。

単純に計算をすると、約42秒に1組のカップルが結婚をして、約2分に1組が離婚をしている計算になります。

但し、離婚とは法律にのっとり行われるものですが、離婚にまで至らなくても別居などを含めると、男女の離別件数は更に膨れ上がることになります。

そして、離婚をするカップルの6割以上が、子連れ離婚となります。

子どもを連れて母子家庭となった女性は、大抵の場合、経済的にも苦しくなってしまいます。

一方、男性側では、子どもとの別れによって心の整理に時間を要することになります。

このように離婚をした男女が、お互いに気持ちをリセットして、それぞれに抱える問題を解消する為に、再婚を決意する人が多くなります。

実際に、1年間で結婚をする人の約2割が再婚カップルといわれています。

従って、離婚をした人の約6割は再婚をする計算にもなります。

但し、実際には再々婚の人も含まれるなど、データーとしては正確性を欠きます。

これが結婚相談所の利用者であれば、更に再婚者の利用者が増える傾向にあります。

一般に、結婚相談所に登録されているデーターでは、男女供に初婚が約6割に対して、再婚が約4割にもなります。

特に、年齢層が高くなる程、再婚者の比率は高くなり、再婚者ほど出会い系サイトといった不安定な手段よりも、確実性の高い結婚相談所の門を叩く人が増えることになります。


再婚準備の注意事項

結婚を挙げる人のおよそ2割が再婚者を占めるなど、再婚が増加傾向にあります。

再婚者は、離婚の経験を踏まえているからこそ、次の結婚こそは失敗をしたくないといった気持ちが強くなります。

その為に、相手に対する思いやり強くなりがちで、それが相手の重荷となって失敗をするケースもあります。

また再婚者が特に注意することは、離婚時の清算をきちんと終えておくことです。

慰謝料や子どもの養育費など、離婚時には金銭面のトラブルも多く、こうした問題を次に引きずらないようにしなければなりません。

因みに、女性の場合は、離婚後9ヶ月間は再婚が出来ない法律があることから、離婚協議中での婚活などは後々のトラブルになりかねません。

また、子連れ離婚の場合には、金銭面だけでなく、子ども親権問題も発生を致します。

当然、子連れでの再婚を検討するのであれば、新しいパートナーと子どもとの関係も問題となります。

子どもの年齢にもよりますが、子どもにとっても親の再婚は、精神的なストレスが大きく圧し掛かることを、きちんと理解しておかなければなりません。

男性側の再婚の場合も、別れた前妻との関係はきちんと整理しておかなければなりません。

特に男性は、別れた妻よりも先に再婚をして相手を見返したいと、競争心を燃やす人が多くなりがちです。

しかし、再婚への焦りは絶対に良い結果を生みません。

こうした離婚に纏わる清算で問題を引きずっている場合には、結婚アドバーザーに相談を持ち掛けて、適切なアドバイスを受け取る姿勢が大切となります。



最近の結婚相談所事情

結婚相談所も最近では、再婚希望者が増えました。

というのも、離婚経験者が増えて、必然的に再婚したい人が集まってきているのです。

離婚を経験することで、結婚に対する甘い考えもなくなり、リアルに幸せになるための結婚相手を探しているのです。

35歳以上の女性が婚活する場合は、こちらのサイトで詳しく知ることができます。>>35歳以上の女性の婚活はコチラ

 

 

記事一覧

再婚の注意事項


高齢者の婚活理由


再婚成功の秘訣