高齢者の婚活

高齢者の婚活理由

TVドラマの影響もあり、婚姻期間の長い熟年夫婦の離婚が、増加傾向にあります。

20年、30年と供に暮らした夫婦が、夫の定年退職であったり子どもの自立をきっかけとして、離婚に踏み切るケースが増えています。

高齢化社会を迎えた影響もあり、40年前には熟年離婚は離婚全体の僅か5%程度にしか過ぎなかったものが、最近では20%近くにまで占めるようになっています。

離婚総数が増えている中での比率の増加は、それだけ熟年離婚の総数が急激に増えていることを示唆しています。

こうして熟年離婚をした高齢者が、新たに再婚を考える人も増加傾向にあります。

なお、再婚を考える高齢者は熟年離婚者だけでなく、死別による人も含まれます。

独り身となった高齢者の孤独死が社会問題となっている昨今では、高齢者の婚活は孤独死問題の対策としても、大きな意味合いを持つことになります。

また、高齢者の婚活は若い世代と異なり、結婚が全てではなく日常生活での話し相手を求めている人も少なくありません。

特に、高齢者は子育ても終了をしていることから、経済的に窮していることで婚活をする人は少ないといえるでしょう。

時間的にも余裕がある人が多く、残りの人生を人と触れ合って、新たに生きがいを見つけたいと考える人が多くなります。

但し、高齢者は健康面に不安を持つ人も多く、独り身の将来を案じて連れ合いを求めてる人もいます。

これらから、高齢者が結婚相談所を利用して婚活をする理由は、若者とは少し異なってくるといえます。

従って、結婚相談所でも婚活理由をしっかりと聞いてあげることで、高齢者の結婚をサポートするように努力されています。